津屋崎千軒の町屋建築

売家

所在地 福岡県福津市津屋崎四丁目
価格 3000万円
面積 【土地】131.66㎡(39.82坪)
【建物】132.08㎡(39.95 坪)
交通 西鉄バス「津屋崎千軒なごみ前」徒歩2分
福間駅までバスで14分
特徴 ・平成27年にフルリノベーションした町屋建築の古民家
・店舗としても利用できる土間スペース付きの住宅
・風情のある津屋崎千軒メイン通りに立地
・海まで歩いてすぐ

江戸時代から昭和初期まで製塩業で栄えた津屋崎。
塩の積出港だった現在の漁港付近の町並みは
家が千軒もひしめくほどに賑わったことから「津屋崎千軒」と呼ばれている。
入り組んだ路地を歩いていると、
どこか暖かく懐かしい気持ちにさせてくれる。
通りの合間から覗く海の風景は港町ならではのものだ。

津屋崎千軒の中心にあるのは、煙突が目印の豊村酒造。
その並びに立地しているのがこちらの町屋建築だ。
かつて洋品店だった店舗併用住宅をフルリノベーションし、
古民家の風情と居住空間の快適性を実現している。
また耐震補強として、鉄骨梁2本と柱・壁の増強を実施済みだ。

玄関を入ると土間のフリースペースとなっており、店舗としても活用できる。
実際、数年前にはオーナー自らが週末にカフェを営んでいた。
カウンターが造作されたダイニングキッチンは
子どもたちが勉強や食事をしたり、
親しい人を呼んでのパーティーなどに重宝しそうだ。

2階の続き間は、開放的な吹き抜けの空間となっており、
昔ながらの堂々とした小屋梁を見ることができる。
鯉が優雅に泳いでいる様を彫り出した、珍しい欄間も目を引く。
窓から差し込む陽光が織りなす陰影はなんとも美しく、
日本建築の真髄を垣間見るようだ。

奥のウォークインクローゼットのスペースは
窓が2面に開けてあるので明るさも十分にあり、
子ども部屋など、多目的な用途で使える。

通りに出てから海まで歩いて1分ほど。
津屋崎の海はなんといっても黄昏時が美しい。
日が暮れる頃に海岸沿いを散歩して、
明かりが灯ったこの家に帰るとき、
なんとも言えない嬉しさが込み上げてきそうだ。

間取り 3SDK+フリースペース
構造・階建 木造 瓦葺 2階建
土地権利 所有権
都市計画 非線引き区域
地目 宅地
設備 ・上下水道
・トイレ2箇所
・ユニットバス
・業務用ステンレスキッチン
・洗面台
現況 居住中
引渡し 2021年8月以降
接道状況 一方
備考 ・敷地内に駐車場はありません。近隣土地を賃借中(2台分)
取引態様 専属専任媒介 
情報更新日 2021年4月1日