HOME > ワークショップ・イベント

2017.03.15 水曜日

俵ヶ浦半島で開催される移住勉強会に
代表の古橋が登壇します。

 
長崎県の端っこにある俵ヶ浦半島では、
数年前から、住民の皆さんが主体となって、まちづくりの活動をされてきました。
今回は、その活動の一環で開催される移住勉強会にお呼びいただき、
お話しをさせてもらえる機会をいただきました。

事前に役場の方とも打合せさせていただきましたが、
ただただ美しい景色が広がる秘境的な半島なのだとか。
少しでも参考となるようなお話ができるよう、頑張ってきます。

2016.11.5 土曜日

「不動産×まちづくり=空き家活用のシンポジウム」にて
代表の古橋が講演をさせていただきます。

 
代表の古橋です。
松江市に行くのは初めてなので、とても楽しみにしています。
今回このシンポジウムを主催されるNPO法人まつえ・まちづくり塾さんでは、
空き家を「まちのお荷物」ではなく、まちに新たな繋がりを生み出す存在=資産
としての活用であると考えていらっしゃいます。

私もこの考え方には賛成で、ここ津屋崎でも、空き家が活用されることで、
さまざまな繋がりが生まれていると思います。そして、暮らしの問屋も
その一端を担わせてもらっています。

今回大変光栄なことに、同シンポジウムにて、基調講演をさせていただきます。
加えて、空き家活用やまちづくりに深く関わるゲストの方々とのパネルディス
カッションのプログラムもあります。

この貴重な機会に、空き家活用の可能性やその具体的手法を、参加者の皆さんと
ともに探りたいと思っています。

よろしくお願いします!


チラシのダウンロード

2016.09.17 土曜日

津屋崎で開催される第4回まちなみフォーラム福岡に
代表の古橋が登壇します。

 
景観や世界遺産、まちなみ保全と継承、まちづくり等をテーマに、
その分野の先人が津屋崎に大集結します。八女の伝建地区の活動を
されている北島力さん、中島孝行さんをはじめ、錚々たる顔ぶれ。
巷であまり話題になっていないのが、不思議なくらいです。


当日、代表の古橋は「古民家の再生活用と移住受入」というテーマで
パネルディスカッションをする分科会にて、パネリストを務めます。
 
乞うご期待!

2016.08.03 木曜日 
棲み家塾を開きます。 
 
みなさん、こんにちは。
暮らしの問屋代表の古橋範朗です。

この度、暮らしの問屋は「棲み家塾」を創設します。
家を「創る」ことに主眼を置いた、創り手のための塾です。

「造る」ではなく、「創る」という字を充てたのは、
家そのものの概念を今一度問い直し、
棲み家塾の参加者全員が描く「家のカタチ」を実際の家の改修を通して、
創りあげてみたかったからです。

もちろん、伝統の技や建築技術を無視するつもりはありません。
それらを包含した上で、なおかつ、私たちに宿る感性に耳を傾けてみたいのです。

果たして、どんな家がそこに出現するのか。
私も、まだ分かりません。だからこそ、参加者のみなさんと共にワクワクできます。
私も一人の塾生でしかないのです。

30年空き家だった古民家の改修は
想像以上に時間と手間がかかります。

大歓迎です。


集まった仲間と共に、時間と手間をかけられるだけかけたい。
私たちが納得のいく方法で、納得のいく家を、自ら汗をかいて創りたい。
そんな思いです。
 
「家を創ること」について考え、学び、
何より、自分の中に眠っている感性を呼び醒まし、
ここ津屋崎の地に具現化するプロジェクト、「棲み家塾」。

 
ぜひご一緒にいかがですか。

 
  もっと見る





2016.05.01 木曜日

5月28日に、第5回北部九州地域環境シンポジウムに代表の古橋が登壇します。 

 
5回目となる今回のテーマは、「自然・歴史・異文化を通して学ぶこれからの地域づくり」です。
代表の古橋がゲストスピーカーとして登壇いたします。






2016.03.01 火曜日

3月31日に開催される福岡市農山漁村地域活性化セミナーvol.1に
代表の古橋が登壇します。

 
セミナーのテーマは「福岡市ならではのローカルビジネスを始めよう」。
代表の古橋が暮らしの問屋について、ローカルビジネスという視点から紹介します。
 

  HOME    PAGE TOP